2008年01月21日

やきゅつく 2ペナ終了

ドラ単色は初のメジャー制覇
本垢のほうは1位の独走を許してなんとか2位

正直本垢のほうは野手がダメすぎました。
4番と期待した新井、カブレラが揃って不調。
さすがにリーグで10位の得点力では優勝は無理でした。
3連覇をと挑んだペナでしたが2位という結果でも内容は惨敗です。
次ペナは巧く補強して巻き返したいところ。


ドラ単色のほうは当だがガッチリかみ合いメジャー制覇。
単色でテンプレチーム相手によくやった。
こっちは本垢と違い3番、4番の打棒が爆発。
ノリは本塁打、打点の二冠でMVPも獲得。
森野も最後までノリと打点王争いを繰り広げる活躍。
5番の立浪が前ペナと比べると物足りないものの5番としては及第点。
1番荒木は3割30盗塁で盗塁王、井端も3割と打てるクリンナップをサポート。
下位打線は外野の一角が中々きまらず、平田と堂上に期待してましたが
結局は井上に軍配があがりそこそこの活躍。
谷繁、渡邉は打撃は不調だったものの守備で貢献しました。
英智は9番としては十分な成績でした。
次ペナはウッズ辺りを投入して打撃UPを図って連覇といきたい。
福留がいればもっと楽なんですが・・・。

投手陣は先発は最後まで不動。
全員2点台前半以下で防御率が安定していました。
山井はやや不運な面も見られて勝ち星が延びませんでしたが・・・。
とりあえずこちらは山本昌が最多勝。
やはり課題は中継ぎ以下でしてここいらで勝てた試合を落としたこともありました。
ラミレス、浅尾は前ペナに続き頑張ってくれましたが
ちょっと安定感という面では不安がありました。
終盤より平井を入れてセットアップは問題なくなりましたが、
課題は中継ぎ・・・とりあえず久本、鈴木あたりになりそうです。
岡本や岩瀬も使いたいがコスト的に厳しいか・・・。


139dbc12.jpg


at 01:01│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔