2009年07月22日

ドラゴンズ前半戦総括

戦前の予想では4番とエース、あと中村ノリが抜けた中日は下位に沈むと見られていました。
ところが蓋を開けてみれば予想外の快進撃で首位に2.5ゲーム差の2位につけています。

打線は何と言ってもブランコでしょう。
今の調子でいけば本塁打と打点の2冠は彼がとりそうです。
今や中日になくてはならない不動の4番に成長しました。
わずか数ヶ月であれだけの選手に育て上げた事に感服。
さらに前半戦の嬉しい誤算といえば藤井の成長でしょう。
3割近い打撃と8本塁打と以外とパンチ力も見せています。
そして得点圏打率も3割を超えて実にいやらしい6番、7番打者になっています。
守備走塁は元々1流の評価を貰っている選手なので、
今年の打撃開眼により一気にセンターのレギュラーを射止めました。
そして右翼は若手、中堅、ベテラン交えて激しい競争が巧く機能しています。
はたして最終的にその位置を制するのは誰なのか?楽しみです。

投手では吉見、チェンは計算できる投手として期待していましたが、
最大の嬉しい誤算は川井です。
開幕からすべて日曜に10連勝(10勝0敗)
彼なくして今年のドラの躍進は無かったでしょう。
上記3人以外でも小笠原、朝倉は不安定ながらもローテを守り、
中田もメドがたってきました。
これで6人ですが、更に下には山本昌、山井と実績のある投手が控えます。
何かあっても対応できそうな層の厚さです。
序盤に中々整備できなかった中継ぎ抑えですが、
浅尾をセットアッパーに指名したこと&河原の復活でメドがたちました。
特に河原は一度首になった選手とは思えないほどの活躍です。
カムバック賞候補ですね♪
そして最後は守護神岩瀬が閉めてます。
後半の追撃体制は十分に整っています。
あとは余計な怪我人を出さないようにするだけです。



at 23:39│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ピニット   2009年07月23日 13:02
よくみてるなーw
ノリさんいなくてサビシス
ブランコは大成功ですね
ぜひ魅せる試合をしてほしいですね
2. Posted by ラト(プリム)   2009年07月24日 00:54
アライバの守備はいつも魅せてくれます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔